葬儀身内だけ

 

 

このサイトに訪れてくださったあなたは、ご家族が天に召されたその時に、身内だけの葬儀を出そうと計画されている方ですよね?

 

かくいう私も、あなたと同じ考えなのです。

 

あなたが身内だけの葬儀を出されたいお気持ちって、なんとなくですが分かるんですよね。

 

じつはウチも昨年、父を亡くしまして‥‥。我が家は父を、一般葬であの世へ送りだしたんです。

 

っていっても、一般葬って葬式スタイルは、けっこう遺族がくたびれるやり方でしょ?

 

私なんか、葬儀が終わってしばらく経っても、疲労感がとれない気がしましたからね(´ヘ`;)

 

しかもわれわれ遺族は、葬儀会社に言われるがまま、葬儀でけっこうあたふたしてしまって、父との最後の別れがじっくりできなかったんです‥‥。

 

けっきょく、出棺のときに棺桶を持ったのが父との最後のお別れみたいな感じになりましたから、なんかあっけなかったというか、サッパリしすぎてたというか。

 

だから、目下入院中の母が逝った際には、ごく親しい身内や関係者だけで葬儀をやろうと思っているんです。その他大勢の皆さんには、参列をご辞退いただいてですね。

 

とうぜん家族葬って、一般葬よりも金額は安く設定されてるみたいです。

 

だけど、私が身内だけの葬儀を希望するのは料金の問題ではありません。親とゆっくり最後のお別れがしたいという一念、ただそれだけなんですよ。

 

葬儀会社に電話してたずねたら、身内だけの葬儀って、葬儀なのに笑いも起こってしまうような、すごくアットホームなムードみたいなんですよね(^^*)

 

なんか、故人さんが元気だった時の愉快な話なんかして、親しい人同士で盛りあがったりするんでしょうかね?

 

これには、賛否両論あるのかもしれないですけど、ウチはそういう楽しい雰囲気で母を見送ってやりたいと思ってるんですよね。

 

私は、父の一般葬をお願いした葬儀会社にも、身内だけの葬儀について質問をしたんですよ。

 

でも、世の中には、他にもたくさんの葬儀会社が営業してるわけですからね。

 

私があちこちにある葬儀会社にそれぞれ電話して質問したら、思ったとおり家族葬の料金や特色は葬儀会社によってマチマチでしたね。なんか、帯に短しタスキに長しだったんです(;^ω^)

 

しかも、いざ母の有事になれば、急ぎで葬儀を段取りしたくても、近くにある葬儀屋すべてに連絡してる余裕なんて到底ないはず‥‥。

 

もし、あちこちの葬儀会社に電話ができたとしても、どの葬儀会社も手がいっぱいで、当方の要望にすばやく応えてもらえないかもしれない‥‥。

 

父が旅立ったときも葬儀の準備が大変だったですから、母が逝くときこそスムーズに葬儀ができるよう、今のうちから私は用意をしておきたいわけです。

 

私は、近くの葬儀会社を検索していて、ぐうぜん葬儀会社紹介サービスを発見しました。

 

どうも、当方が葬儀を出したい所あたりで、スグに対応してくれる葬儀会社を代行して探してくれる会社らしくて。

 

葬儀会社紹介サービスが存在すること自体を知らなかったのでムリもないんですが、このサービスさえ利用してたら、父の一般葬だってスムーズに用意できたような気が‥‥。

 

まあ、過ぎてしまったことはいいとしても、葬儀会社紹介サービスを3軒も発見したからには、母がどれだけ急に旅立ったとしても安心ですね。

 

私は、絶対にあたふたすることなく、段取りよく身内だけの葬儀を出してやろうと計画しています。

 

そりゃ、葬儀会社紹介サービス3軒にそれぞれ一本ずつ電話をしておけば、身内だけの葬儀に急ぎで対応してくれる葬儀会社の一つぐらい、サッと紹介してくれそうな気がしますしね!

最上段へ

3つの葬儀会社紹介サービス

家族葬のファミーユ

 

 

家族葬の最安プランは40万円だそうですよ。

 

遺体移送は、依頼してから迎えの車がやってくるまで、60分〜90分ほどだそうです。

 

電話での相談や資料の請求だけじゃなく、ちゃんとファミーユの社員と面と向かって相談することも可能らしいですね。

 

≫公式サイトがくわしく解説。

 

いい葬儀

 

 

家族葬の料金は、全国平均で127万円だそうです。

 

警察や病院などから安置所までご遺体を移送するだけでも対応してくれるらしいですよ。

 

病院は、ご遺体を一晩泊めるだけでも料金をとりますから、できるかぎり早くご遺体を移送したいところですからね。

 

遺体移送を頼んでから、お迎えの乗用車がやってくるまで、だいたい60〜90分なのだそうです。

 

≫公式サイトがくわしく解説。

 

 

小さなお葬式 

 

 

家族葬の料金は、30名の参列であれば50万円弱だそうです。

 

大急ぎの遺体移送を頼んだら、警察署や病院にお迎えの乗用車が到着するのが早くて30分、アベレージで60分後だそうです。

 

≫公式サイトがくわしく解説。

最上段へ

 

家族葬に人数制限?

 

最初に皆様に対してことわっておきますが、基本的に家族葬というお葬式スタイルには、参列者の人数制限などはありえませんね。

 

ご遺族内の諸事情から、多少は家族葬への参列者人数が増えてしまうことがあるといたしましても、故人様のご交友関係などもよく考え合わせた上で、家族葬への参列者人数を決めていただくことをお勧めいたします。

 

なんせ、家族葬が終わった後になって、故人様と最後のお別れをしたかったという関係者の方(つまり、家族葬に参列させてもらえなかった人々)が頻繁に故人様の自宅までご弔問に訪れるものだから、故人様のご遺族様におかれましては、訪問者の方々の対応に追われて、自宅からの外出すらもままならなかった、などという事例も多々あったりいたしますからね。

 

とにかくいつなんどき、どなたが自宅を訪れてくるものか全く予定がわからないため、家族葬後における諸々の手続きなどでかなり忙しい時期であるにもかかわらず、ご遺族様におかれましては自分たちが思うように自宅からの外出もできない事態に陥ったりするみたいです。

 

そうでなくても気苦労が多いお葬式の直後において、重ね重ね苦労する羽目になるご遺族様の心中お察しするに余りあるという感じですね。

 

また、自宅を訪れる弔問客の方々が、いくら故人様と親しい間柄であったとしても、ご遺族にとっては顔すらも全く知らない初対面バリバリのおっさんがくることだってありますからね。

 

我が家族である故人の死を悼み、故人の生前を偲んでもらえるのは、ご遺族様としてはすごく嬉しいんだろうけれど、なんの面識もない方々に我が自宅へズカズカと上がっていただくことには多少なりとも違和感や抵抗を感じるというご遺族の方も決して少なくはありませんから。

 

冒頭でも述べましたけれど、今流行りの家族葬というお葬式スタイルには、参列者人数の制限みたいなものは基本的にありませんからね。

 

多少、家族葬への参列者人数が増える結果になってしまうとしても、故人様の生前における交友関係などもキッチリ丁寧に調査した上で、ご遺族様はよーく相談すべきですよ。

 

ご遺族様でよく相談した上で、事前に家族葬を行う旨をどなたまで知らせるべきか、慎重に決めるようにお勧めいたします。

更新履歴